十人十色、国際結婚って・・・!?いろいろまとめ

2018年10月28日


色々な環境で育ち、考え方を持った他人同士が「結婚」するわけですから、どんなカタチの結婚も「同じ」ではありませんよね。
ですから、比較をするのは難しいですが、「国際結婚」という観点でまとめてみました。

メリットってなんだろう?


なんといっても「新鮮」です!
家庭内で異文化コミュニケーションです。
これは、興味を持てば持つほど、ハマります!退屈しません!
ですから、「ありえない」ではなく、「なぜ?」と探求心を持つことで、相手をより深く理解でき、そうすることで「大変」が「楽しい」に代わります。

外国語の習得もメリットですね。
学生時代に勉強が嫌いで、目を背けていても、生活で必要となれば覚えます。
「国際結婚」をしている友人がよく言っていた話です。
彼女は英語を流暢に話し、旦那さまはメキシコ人で、スペイン語も話します。普段の会話は英語が主です。しかし、喧嘩になると必ずスペイン語が出てくるそうです。スペイン語では太刀打ちが出来ず、初めは何も言い返せませんでした。でも、「どうしても言い返したい!」との思いから、スペイン語の勉強を始めました。彼女曰く、「喧嘩したほうが、語学は身につく!」と負けず嫌いをプラスにし、スペイン語を習得しました。今では、口で負けることはないそうですよ。

デメリットって?


デメリットというか、「大変」なことですよね。
日本語の読み書き、意味が、大人として十分理解できる相手だと良いですが、そういう人は多くはありません。逆を想像してみると、わかりやすと思いますが、あなたが外国に住んで、手続き関係をスムーズにすることが出来るでしょうか。
日本で生活する以上、手続き関係は、すべて日本人がしなければなりません。
今まで見たことのないような書類と向き合い、内容を把握しなくてはいけないのですから、頭はフル回転ですよね。
また、外国人夫または妻と周囲の日本人との間には、ほとんどの場合、橋渡しをしなければいけません。言葉も、文化も考え方も違うのですから。楽しいことのうちは良いのですが、何か揉めはじめてしまうと「板挟み」になり、もう大変です。

まとめ


メリットもデメリットも「紙一重」!?
考え方1つで、メリットにもデメリットにもなるように思います。
ですから、「結婚生活」を幸せに過ごすために、メリットと思えることは「最大限に」、デメリットと思うことは「視点を変えて」、そうして末永くHAPPYな結婚生活を送っていければ良いなぁと思います。

国際結婚

Posted by norima